• オーガニックってなんでしょうか

    • オーガニックというワードを見かけることがあると思います。
      野菜や果物、穀物などの食べ物、お茶やコーヒーなどの飲み物、衣類などの販売にもよく歌われています。

      安心できる生キャラメルの最新情報が知りたい方にはこちらです。

      意味としては、「農薬と化学肥料を使用していない農作物を材料とした」商品、と言うことになります。農薬や化学肥料を使わない、と言うことがこれほどのアピールになるのはどうしてでしょうか。農薬、化学肥料の使用は、日本では100年程の歴史になります。と言うことは、それ以前はそれらを使わずに農業を営んできた、と言うことです。



      農薬や化学肥料は、土地に対する対処療法だと言えます。
      植物の葉が枯れる病気にはこの薬、害虫の発生にはこの殺虫剤。

      成長が遅いのなら栄養剤として化学肥料を摂取します。人間の病と同じ考えで施し、症状を和らげ、あるいは取り去ります。
      しかし、決して根治するためのものではありません。


      むしろ、土地の力を弱め、無理をさせ、免疫力を失わせることにもなり得ます。
      これもまた、人間の体ととても似ています。


      人間もまた、薬による副作用、後遺症と言うものが存在します。不思議ですが土地も、それと同じなのです。


      しかし土地も人間も地球の産物ですから、きっと共通点があるのでしょう。


      自然な材料から、自然な工程を経て収穫する農業。



      それを目指しているオーガニックは、ある意味「昔へ帰る」ことになりますので、科学や文化の進歩を否定することに対する抵抗も、あるかもしれません。

      しかし、より深く理解を得たと考えてはいかがでしょうか。だからこそ、社会はオーガニック、と言う新しいワードを生み出したのです。


      今度オーガニック、と言うアピールを見かけたら、「ちょっと古くて一番新しい方法で作った農作物」と、思い出してみてください。

      そして、興味が湧いたら、お手にどうぞ。

  • 生キャラメルの実態

    • オーガニックは環境も守ります

      20世紀は、科学が一弾と飛躍をしてまたそれの恩恵も受けた時代です。しかし、21世紀になり環境問題がよりわかりやすくなってきた現代では自然志向の人が世界的に増加しています。...

  • 生キャラメルの特徴紹介

  • 生キャラメルをもっと知る・生キャラメルのコツ

    • コース料理でのオードブルの食べ方

      レストランなどで洋食のコース料理を注文すると、最初に出て来るお皿がオードブルになります。サラダよりも先に出てきて、軽い食品が供される場合が殆どです。...

    • オードブルの現在と日本

      オードブルとは、フランス語で、本来、コース料理の最初である、スープよりも前に出されるメニューを指していました。しかし、現代の日本に於いては、丸形容器の皿に、盛り合わされた料理のことを言うようになりました。...